ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠 妊娠中グッズ

骨盤ベルトって、産後いつから使う?いつまで使うの?

更新日:

赤ちゃんを産むときに、
お母さんの体は普段と大きく変わる部分がたくさんあります。

まさに命の奇跡。普段なら起こらないようなことがたくさん起こって
赤ちゃんは無事に生まれてくるのですが、
それが産後のお母さんの体に大きな影響を残すことも。

骨盤の広がりもそのひとつかもしれません。
赤ちゃんが通りやすいように大きく広がった骨盤ですが、
出産後には骨盤をもとに戻すために、矯正したほうが良いと考えられています。

その為に用いられるのが、骨盤ベルトです。

産後の骨盤をそのままにしておかないほうがいいのはなぜでしょうか?
骨盤ベルトっていったいなんでしょう?
骨盤ベルトは産後のいつからいつまで使うのが良いのでしょうか?

一緒に考えてみましょう♪

Sponcerd Link

産後の骨盤、矯正した方がよいのはなぜ?

産後に広がった骨盤は、自力で少しずつもとに戻ると言われています。

しかし元々の骨盤のゆがみや、産前産後の様々な原因により
正しい位置にきれいに戻ることはなかなか難しいと言われています。

とくに出産後に骨盤のゆがみを招くような姿勢を取ったり、
それが習慣になってしまうと、骨盤が変にゆがんだままになってしまうことも。

しかし骨盤のゆがみをそのままにしておくと、
産後に体系が戻らない原因になってしまいます。
赤ちゃんを産んだのにプヨプヨのお腹がなかなかもとに戻らない…
そんな場合は、骨盤のゆがみが原因かもしれません。

さらに骨盤のゆがみが原因で、体全体がゆがんでしまい
体中の違和感や痛みに繋がる場合がありますので、注意が必要です。

それで産後は骨盤を矯正するために、
いろいろな対策を取る必要があるんですね。

骨盤ベルトってなに?

骨盤ベルトは、そんな骨盤のゆがみを矯正するためのアイテム。

その名の通り骨盤にぎゅっと巻きつけられるサポーターのようになっていて、
その適度な締め付けで骨盤が正常な位置に戻るのを助けてくれるんです。

幅や素材など様々な骨盤ベルトが販売されていますから、
自分にフィットするものを選ぶとより効果が得られそうです。

しっかりと骨盤ベルトを活用すると、出産後に体系が戻りやすくなるだけでなく
もともとの体のゆがみも改善されて、腰痛や肩こりなどが良くなる場合もあるようですよ。

骨盤ベルトはいつからいつまで使うの?

ではこの骨盤ベルト、いつから使うのが良いのでしょう?
実はこの質問には、様々な意見が出ているんです。

出産の本当に直後、分娩室から出る時からつけていたという方もいれば
産後に体調が戻り始める、1ヶ月後くらいからつけ始めたという方もいます。

中には出産前、妊娠の初期から
骨盤を整えるために使用し始めたという方も!

しかしどちらにしても、あまりにも遅くつけると効果がないみたい。
開いてしまった骨盤が戻りきるのは半年後くらいと言われていますので、
出産後半年くらいしてから慌ててつけ始めても、効果があまり感じられないようです。

あとはご自分の体調と相談しながら、使い始めを検討するとよさそうですね。

逆にいつまで使えばいいのか?という点ですが、こちらも少々意見が分かれるところ。

産後半年ほどで骨盤が閉まるため、それくらいの時までという見解もありますが
実は産後関係なく、骨盤のゆがみを矯正するための骨盤ベルトもあるんです。
もし腰痛や肩こりなどに悩まされているなら、
そのようなベルトを使い続けるという手もありますね。

反対に、あまり長く骨盤ベルトを使い続けると、体が道具に頼ってしまい
自力で骨盤が戻る力が弱くなる…そんな考え方もあるようです。
その場合は、だいたい2,3ヶ月でベルトを外すという意見があります。

どちらにしても、体に無理になるほどつけ続けるのは逆効果になりますので
自分が気持ちよく使える程度にとどめておくのもいい方法だと思います。

骨盤ベルトに限らず、産後いつまで使うのか…難しいアイテムはいろいろあります。
産褥ショーツや妊娠線予防のクリームもそうですし、
プレママやお腹の赤ちゃんを助けてくれる葉酸サプリやビタミンなどもそう。

いままでは赤ちゃん優先で自分の体のことを考えていたママたちが、
やっと自分のために体のことを考えられる良い機会かもしれませんね。

しっかりと骨盤を戻してスマートな体型へ戻るために!
骨盤ベルトの使用も検討していきましょう♪

-出産・妊娠, 妊娠中グッズ

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.