ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠 出産準備

妊娠中って虫歯治療していいの?虫歯治療中は妊活できない?

更新日:

女性は親知らずを早目に抜いておいたほうがいいと言われています。

なぜかというと、妊娠中は虫歯治療が普段通りに出来ない可能性があるから。
虫歯はきちんと治してから、妊娠・出産したほうがいいよ!ということですね。

とはいえ出来て欲しくないと思ってはいても、虫歯はできるもの…
しかも出来てしまったら、そのまま放置できないのが虫歯のイヤなところです。

妊活中・妊娠中に虫歯治療してもいいのでしょうか?
虫歯治療するなら、妊活は伸ばした方がいいのでしょうか?
どんな治療は大丈夫で、どんな治療は避けるべきなのでしょう?

妊娠中の虫歯治療、大丈夫?

妊娠中の虫歯治療は心配だという声はよく聞かれます。

虫歯治療にはレントゲン撮影や、
麻酔が用いられることもありますので
母体や胎児への影響が心配されているようですね。

実際に歯医者で妊娠していることを告げると、
治療を断れてしまう場合もあるようです…。

しかし実際に妊娠中の虫歯治療は危険なのでしょうか?

虫歯治療で行うレントゲン撮影は、エックス線の線量も低いため
母体やお腹の赤ちゃんへの影響はほとんどないと言われています。

万が一のことを考え、妊娠超初期から妊娠初期は
レントゲン撮影を避けたほうが良いと言われる場合もありますが、
安定期に入った頃には問題なく治療を行えるんだとか。

麻酔についても同様で、虫歯治療の際の麻酔は量も少なく、
歯の部分だけに行う麻酔ですから、やはり影響は少ないと言われており、
こちらも安定期に入った頃の治療は問題ないとされています。

中には状況に合わせて全身麻酔で歯科治療を行う歯医者もありますが、
さすがに全身麻酔は胎児に悪影響を及ぼすリスクが高いとされています。
ほとんど無いとは思いますが、
念のため通う予定の歯医者へ麻酔について相談すると良いですね。

虫歯治療中は妊活できないの?

それでは、虫歯治療中の妊活は避けたほうがいいのでしょうか?

妊娠超初期のレントゲンに不安があるという意見もありますが、
基本的には母体や胎児に影響が及ぶほどのエックス線量ではないため
虫歯治療中の妊活も問題ないという声が多いようです。

ただ、万が一のことが起こった場合に
「あの時のレントゲン撮影がいけなかったのかもしれない…」と悩むくらいなら
すっきりと虫歯治療も終わらせてから妊活するのもいいかもしれませんね。

また、つわりの時期の虫歯治療はかなり大変になります。
もし虫歯治療がずいぶん長引きそうな場合は、
妊活のタイミングも考慮する必要があるかもしれません。

治療にどれくらいの期間が必要か、
通う歯医者へ相談してみるのもいいですね!

こんな治療はNG!妊活・妊娠中に避けたほうがいい虫歯治療とは

基本的に妊娠中・妊活中も虫歯治療を行っても問題ないとされていますが、
一部避けたほうがいい治療もあるんです。

例えば親知らずの抜歯は、体に思った以上の負担がかかる場合があります。

それで妊娠中は避けたほうがいいとされていますし、
出来れば治療を終わらせてから妊活するほうが良いでしょう。

インプラントも大掛かりになりますし、インプラント治療中に妊娠が発覚した場合
その後の治療に影響が及びますので、治療を終わらせるか
出産後しらばくしてからの治療にしたほうが良さそうです。

さらに処方される薬にも一部制限がかかります。

通う歯医者に妊娠中であることを告げていれば、
処方薬にもきちんと配慮をしてくれることと思いますが、
念のため自分でも飲める薬、飲めない薬については把握しておくといいですね。

虫歯治療以外にも、妊娠前に済ませておきたい予防接種もありますので、要チェックです。

イヤな虫歯治療、すっきり終わらせてから妊活するか、
妊活しながら治療するか?
将来のパパとママでしっかり相談するといいかもしれませんね♪

-出産・妊娠, 出産準備

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.