ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠 妊娠中グッズ

妊娠線予防のクリーム、いつから使う?いつまで使う?

更新日:

一度出来てしまったら、一生残ると言われている妊娠線。

出産後にスリムな体型に戻っても、
お腹に妊娠線がしっかりと出来てしまっていたら
その後水着を着たりするのも躊躇してしまいますよね…。

出来ないようになんとか予防したい妊娠線。
調べてみたところ、妊娠線予防のためには
クリームやオイルを使ってマッサージする方法が最もポピュラーなようです。

それにしても妊娠線予防のクリームって、いつから使えばいいのでしょう?
そしていつまで使えばいいのでしょう?使い方で知っておくと良いポイントは?

考えてみましょう♪

Sponcerd Link

妊娠線予防のクリーム、いつから使うの?

気になる妊娠線予防のクリームの使い始めですが、
先輩ママはどれくらいの時から使い始めているのでしょうか?

多くの方は、お腹がだんだん大きくなってきた頃から使い始めているようです。
お腹が大きくなるペースはそれぞれ違いますので、
自分で「そろそろかな?」という時期をつかむ必要がありそうですね。

しかし全体的には5ヶ月前後から使い始めたという声が多数。
早めのケアを始めた方だと、4ヶ月頃から始めたというママや
双子ちゃんだったのでさらに早くクリームを使い始めたというママもいるみたいです。

逆にすっかりお腹が大きくなってから、慌てて妊娠線予防のクリームを使ってみたけど
その頃には時すでに遅し…
見えないところにすでに妊娠線が出来てしまっていた、という方もいるようです。

お腹の乾燥を防いで、お腹の皮をしなやかに柔らかくする目的もありますので
絶対に妊娠線を作りたくない!という方は早め早目のケアが大事です。

妊娠線予防のクリーム、いつまで使うの?

妊娠線予防のクリーム自体は、出産が終わったらもう使わなくてもいいもの。

それでも妊娠線そのもののケアは、産後も続けていくというママもいるみたいです。
一度出来たら一生残ると言われてはいても、
ケア次第で妊娠線を目立たなくすることは可能だからです!

実は妊娠線予防と同じく、出来てしまった妊娠線のケアも
保湿が大切だと言われています。
それで残ってしまった妊娠線予防のクリームを、そのまま使い続ける方もいるようですよ。

出来てしまった妊娠線のケア専用のクリームも販売されていますので、
どうしても気になる場合はそんな専用商品を使うのもひとつの手ですね。

さらに生活習慣を改善し、新陳代謝を高めることによって
妊娠線が目立たなくなるスピードをアップさせるという方法も。

出産後に生活習慣を整えるというのは大変なことですが…
赤ちゃんのお世話が一息ついた頃から初めてみるのもいいかもしれませんね♪

妊娠線予防のクリームを使う時に…知っておくとよいポイントは?

妊娠線予防のために、お腹に一生懸命クリームを塗っていたら
知らない間に体の他の部分に妊娠線が出来ていた!というのはよくある話のようです。

たとえば太ももや、二の腕や、ヒップ。
そして急に大きくなりやすいバストも妊娠線が出来てしまいやすい部分。

せっかくクリームを塗るなら、
一緒に体の他の部分も乾燥しないようにお手入れしてあげるといいようです。

そしてクリームを塗るだけで満足しないで!
急な体重増加にはしっかりと気を付けましょう。
あまりに体重が増えすぎると、母体にも赤ちゃんにも負担がかかりますし
妊娠線が出来てしまう大きな原因になってしまいます。

クリームを塗っているだけで妊娠線が出来ないと思ったら大間違い、ということですね。

お腹に塗ったクリームが服につくのが気になる場合は、
お腹の上のほうまでしっかりと覆えるマタニティショーツを使うのもひとつの手ですね。
ローライズのマタニティショーツを愛用しているなら、
腹巻きを併用するのもいいかもしれません。

妊娠中はいろいろなことに気をつけなくてはいけないので
ママは大変かもしれませんが…
赤ちゃんのため、そしてママのこれからの体のため♪
妊娠線予防についてもしっかりと対応していきたいですね。

-出産・妊娠, 妊娠中グッズ

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.