ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠 出産準備

双子を妊娠すると、妊娠線がひどくなるって本当なの?

更新日:

一度出来たら一生残ると言われている妊娠線。
せっかく出産後に元の体系に戻っても、
妊娠線が気になって温泉もプールも楽しめない…

そんなことになる前に、なんとか予防したいですよね。

実は妊娠線に、特に気をつけなくてはいけない場合があるのをご存知でしたか?

それが多胎児妊娠の時なんです。

■双子を妊娠!…でも気を付けたほうがいいことは?

双子の妊娠はパパとママにとっても大きなサプライズ!
大変さも二倍ですが、嬉しさも二倍ですよね。

しかし双子を妊娠したママが人一倍気を付けたいのが、
妊娠線の予防なんです。

■妊娠線ってなに?

妊娠線とは、妊娠によって急激に大きくなるお腹などの皮膚がひび割れて、
赤紫色のあざのような線がお肌に出来てしまうことを言います。

誰にでも起こり得る症状ではありますが、
特に妊娠線が出来やすいと言われているのは以下の人。

・ぽっちゃり体型で皮下脂肪の多い人
・小柄な人
・多胎児妊娠をしている人

皮膚はある程度の大きさまで伸びる性質がありますが、
その下にある皮下脂肪は大きさに合わせて伸びる性質が無いため
ぽっちゃり体型の人は妊娠線が出来やすいと言われています。

また小柄な人や多胎児妊娠をしている人は
お腹が大きくせり出しやすいため、お腹の皮膚が急激に大きくなるのに耐えきれず
ひび割れてしまいやすいと言われています。

ぽっちゃり体型で小柄だけど双子ちゃんを妊娠した…
そんな場合には本当に注意が必要です!

■妊娠線予防はどうしたらいいの?

妊娠線を予防するためには、早め早めのケアが大切。

妊娠線予防のクリームはたくさん販売されていますので、
出来ればお腹が急に大きくなり出す前からケアを始めましょう!

クリームタイプの物やオイルタイプのものなど、様々な商品がありますから
自分が気持ちよく使える、ぴったりのものを選びましょうね。
クリームなどはケチらずたっぷり使うのも予防の効果的な方法ですから、
お財布事情とも相談して選びましょう。

お腹だけでなく、太ももや二の腕、胸なども妊娠線が出来やすい部分。
出来てしまってからケアしても遅いので、
忘れずにしっかりとクリームなどを塗りこむようにしましょう。

双子の出産準備は二倍大変ですから、ママのケアを忘れてしまいがちですが…
将来妊娠線の出来たお腹でがっかりしてしまわないように、
予防に気を付けていきましょう♪

-出産・妊娠, 出産準備

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2021 All Rights Reserved.