ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠

妊娠中のスキンケア、どうする?避けたほうがいい成分とは?

更新日:

妊娠中に肌荒れに悩まされる女性は少なくないようです。

女性ホルモンのバランスの乱れや今までにない疲れなどから、
普段よりも肌荒れがひどくなってしまったり、
長年使ってきた基礎化粧品などがお肌に合わなくなる場合もあるようで…

お肌に直接使うものである以上、赤ちゃんへの影響も考えたいですし、
妊娠中のスキンケア事情はなかなか複雑です。

妊娠中のスキンケア、気を付けるポイントはあるのでしょうか?
赤ちゃんのために避けたほうがいい成分とはなんでしょう?

妊娠中のスキンケア、気を付けるポイントは?

妊娠中のスキンケアは思った以上に大変!

妊娠前はしっかりメイク&スキンケアに励んでいたコスメ好きの女性でも、
つわりの時期をはじめ大変な毎日が続くと、
思ったようにスキンケアが出来なくなってしまうことも多いようです。

体調の問題もありますし、出来ればささっと済ませられて
毎日らくちんに続けられるケア用品を探したいですね。

また今まで使っていたコスメの香りが、妊娠によって気持ち悪く感じてしまうことも。
そういった時は無理せず、香りの無いものや少ないものに切り替えていきましょう。

やはりお肌に直接のせるものということで、
オーガニック製品にこだわるプレママさんも多いみたいですね♪
乾燥を防ぐためのクリームやオイルは、オーガニック製品を選ぶと
後々赤ちゃんにも使うことが出来てオトクという声も。

妊娠中は体にも心にも負担がかかりやすいので、
自分が気持ちよく、楽に使えるスキンケア方法を見つけていきたいですね。

赤ちゃんのために避けたほうが良い成分をチェック!

さて、しっかりとスキンケアしたい派のプレママさんでも、
スキンケア用品に含まれている成分には要注意。

中には胎児に悪影響を及ぼすと言われる成分もあるからです。

例えばビタミンA
コスメにも配合される場合があるビタミンAですが、
妊娠中に多く摂取すると、胎児の奇形症のリスクが高まると言われています。
スキンケアの一環として、美肌のためのサプリメントなどを用いている方は
配合されているビタミンをしっかりとチェックし、過剰摂取に気を付けましょう。

また美白効果を出す製品に含まれる場合のあるハイドロキノンも
毒性があるため、妊娠中の長期間にわたる使用は避けたほうが良いと言われています。

着色料や香料など、配合が必要ない化学物質が含まれたスキンケア用品は
出来れば避けたいと思うプレママさんも多いはず。

しかしオーガニック製品に含まれがちな、アロマオイルもチェックが必要です。
中には妊娠中は避けたほうが良いと言われるアロマもあるんですよ!
例えばフェンネルやラベンダーなど、一部のアロマには子宮収縮作用があると言われています。
そういったものは出産後に用いることが出来れば効果的といえますね。

妊娠中を綺麗なお肌で過ごすには?

妊娠中の肌荒れは気になるところですが、
意外にも妊娠中にお肌がきれいになったという女性も少なくないようです。

女性ホルモンが多く分泌された結果、お肌のハリツヤが良くなることもあるのだとか。
またメイクに時間をかけることができなくなった結果、
逆にお肌への負担が軽くなり、結果として美肌に繋がるということも。

妊娠して初めて、食生活や運動などにも気を配るようになって
結果としてお肌の調子が前よりもよくなる…そんな場合もあるようですね。

それでもし肌荒れしてしまっても、あまり気に病まないようにしましょう!
心のストレスは赤ちゃんにとっても悪影響。
自分に出来る範囲のスキンケアを行って、
いつか綺麗になる日を赤ちゃんと一緒に迎えられるのを待て行きたいですね♪

-出産・妊娠

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2021 All Rights Reserved.