ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠

妊娠中によく耳が詰まるのはなぜ?改善方法はあるの?

更新日:

妊娠中はびっくりするような体の変化が起きますが、
それに不快な症状が伴ってしまう場合もあります。

つわりのように有名なものもありますが、
中にはあまり聞かない…それでも実は多くの女性が悩まされている症状も。

実は耳詰まりもそのひとつなんです。

もともと耳が詰まりやすかった人も、そんな経験が無かった人も
妊娠からしばらくしてからやけに耳が詰まる…そんな場合があるようです。

妊娠中に耳が詰まるのはなぜでしょうか?
改善方法はあるのでしょうか?

妊娠中に耳が詰まるのはなぜ?

妊娠中に耳が詰まる症状。
正確には、耳管開放症(じかんかいほうしょう)と呼ばれています。

通常時に起こる耳管開放症には様々な原因がありますが、
妊娠中によって起こる耳管開放症は、
ホルモンバランスの乱れによって引き起こされると言われています。

それで色々と手を尽くしても、妊娠そのものが原因になっているため
対策がなく、出産が終わるまで待つしかないという場合も…

残念ですが、無事に出産が終わるまで
なんとかお付き合いしていかなくてはいけない症状のようです。

耳が詰まる…妊娠以外の原因はあるの?

しかし耳管開放症の原因が他にあると、対処が出来る場合もあるんです。

例えば疲れやストレス。
疲れやストレスによって、体の弱い部分に不快な症状が出てしまう場合があります。
もともと耳鼻科関係の病気を持っていたり、鼻やのどの粘膜が腫れていると
疲れが溜まってきたときに、その部分に日頃からかかっている負担が表面化して
耳の詰まりとなって表れる場合があります。

妊娠中は特にストレスのたまりやすい時期ですが、
上手にストレスを発散して、疲れが溜まりにくい生活を心がけると良さそうですね。

またアレルギーや慢性鼻炎などにより、鼻水が溜まりやすい症状の方も
妊娠中に耳も詰まってしまう場合が多いようです。
妊娠を望んで妊活中であれば、今から鼻炎の症状を
上手に解消する方法に慣れておくと、いざ妊娠した時に慌てなくて済みそうです。

耳が詰まった時の改善方法はあるの?

妊娠中でなくとも根本的な解決が難しい耳管開放症。

しかし症状をそのままにしておくと、めまいが起きたり
不快な症状で集中力が欠けて転倒しやすくなるなど、
妊娠中には特に軽く見ることができない弊害をもたらすことも。

出来れば改善したい耳の詰まりですが、何か方法はあるのでしょうか?

妊娠中以外に耳の詰まりが起きた時と同じように、
ある程度の改善策は取ることが出来そうです。

例えば水をよく飲んだり、
唾液の量を増やすことで耳が詰まるのをある程度防ぐことができます。
さらに軽い耳抜きを習慣にするのも効果的と言われています。

また耳の詰まりをひどくする習慣を避けることも大切です。
鼻をすするという行為は耳の詰まりを酷くすると言われていますし、
強く鼻をかみすぎるのも危険です。
慢性的に鼻づまりが起きる方には辛いお話ですが、
軽く鼻をかんだり、ティッシュなどで鼻を拭くというだけで留めるようにしましょう。

なんと6人に1人という割合で悩まされるという耳の詰まり。
根本的に治すことが出来ないのが煩わしいですが、出来るだけ症状を軽くして
出産までなんとか乗り切っていきましょう!

-出産・妊娠

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2021 All Rights Reserved.