ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠

妊娠中に虫歯になりやすいのはなぜ?原因と対策をチェック!

更新日:

妊娠中は虫歯になりやすいと言われています。

その上、妊娠中は歯科治療は避けたほうが良いとも言われ、
プレママさんと虫歯とのお付き合いはなかなか難しい問題です。

妊娠中でなくとも、出来れば虫歯にはなりたくないものですが…
どれだけ気を付けていても、今まで虫歯に悩んだことがあまりなくても、
妊娠した後に「あ!虫歯が出来てる!」って経験をした方は少なくない様子。

なぜ妊娠中は虫歯になりやすいのでしょうか?
虫歯にならないよう予防する方法はあるのでしょうか?

妊娠中に虫歯になりやすい原因…つわり

つわりが原因で、虫歯になりやすくなると言われています。

つまりの時に何度も嘔吐することで、
歯に胃酸がかかってしまうことになります。
歯は酸に弱く、酸によって歯が溶けてしまい虫歯になりやすくなります。

加えてつわりによって歯磨きが難しくなるのも原因と言われています。
歯磨きをすると気分が悪くなったり、歯磨き粉の匂いで吐き気をもよおしたり…
毎日歯を丁寧に磨くことが出来ず、それがさらに虫歯を加速させてしまうようです。

妊娠中に虫歯になりやすい原因…唾液の減少

妊娠するとママの体のホルモンバランスの変化が起こり、
それに伴って口腔内の唾液の量が減ることが知られています。

実は唾液には虫歯を予防する様々な働きがあります。
歯に着いた食べ物を取り除く働きや、
口の中の細菌が増えるのを防ぎ、口腔内を清潔に保つ働きなどです。

さらに歯の表層にミネラルを付着させて虫歯を抑える働きもあり、
唾液は虫歯予防に欠かせないもの。

それが妊娠によってどんどん減っていくので、
結果として通常時以上に虫歯になりやすくなってしまうんです。

虫歯と赤ちゃんの成長の関係とは?

妊娠中の虫歯は、ママが感じる痛みだけの問題ではありません。

なんとママが歯周病だと、早産の可能性や
低体重児を出産する可能性がかなり高くなるという報告があるんです。

早産の危険性は、歯周病では無いママと比べてなんと7倍以上にもなると言われており
見過ごせない数値です。

出来れば妊娠中の虫歯や歯周病を予防したいですが、
良い方法はあるのでしょうか?

妊娠中の虫歯を予防するにはどうすればいいの?

妊娠中に虫歯になるのを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

唾液量の減少は妊娠によるホルモンバランスの変化から来ていますので
なんとも対処の使用がありませんが、
せめてつわりの時期にしっかりと歯磨きをするよう心がけるのは大切です。

気持ちの悪くなる香りの歯磨き粉は使わないようにしたり、
繰り返す嘔吐の跡でも口腔内を清潔に保つよう心掛けたり、
小さなヘッドのハブラシに変えてみたりといった方法で、
出来る限り隅々までしっかりと歯磨きが出来るよう心掛けましょう。

また歯が欠けてしまったところから、虫歯菌が成長することもありますから
カルシウムをしっかり摂取するよう心掛けることもできます。

また妊活中から定期的な歯科検診を欠かさないようにしましょう!

妊娠が分かってから歯がなんだか痛くなってきて、虫歯になっちゃってた…
そんなことになったら、もう後には引けません。
赤ちゃんの成長も、虫歯菌の増殖も止めることは出来ませんから、
出来れば妊活中に定期的に歯医者で歯の清掃をしてもらったり、
小さな虫歯を早目に治してもらうように心がけましょう。

妊娠と同時に急に大変なことになる虫歯の問題。
妊娠前からしっかりと対処して、安心して出産に臨めるようにしたいですね♪

-出産・妊娠

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.