ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠

妊娠すると便秘になりやすくなるのはなぜ?改善方法はあるの?

更新日:

妊娠によってママの体に起こる体調不良はいろいろとあります。

つわりや腰痛、お腹の痛みというものだけでなく
耳の詰まりや貧血、虫歯など…体の変化によるトラブルはたくさん!

そしてその中に便秘もあります。

場合によっては出産前のお腹のハリや痛みと間違ってしまうくらい
ひどい便秘に悩まされることもあるようですし、
便秘は体に毒素を巡らせてしまう困った症状のひとつです。

しかし妊娠すると便秘になりやすくなるのはなぜでしょうか?
改善するのによい方法はあるのでしょうか?

妊娠すると便秘になりやすくなるのはなぜ?

妊娠によって便秘が起こりやすくなる理由はいくつかあります。

ひとつはお腹の赤ちゃんが大きくなってきた時。
大きくなった赤ちゃんに大腸が圧迫されることにより、
文字通り便通が悪くなってしまいます。

また妊娠によってホルモンバランスが変わる事も原因になります。
妊娠によって分泌される女性ホルモンのひとつに、
腸の筋肉の動きを低下させる作用があるからです。

それで腸が老廃物を体外に押し出す力が弱くなり、
結果として便秘になってしまいます。

便秘を避けるために出来ることはあるの?

お腹の赤ちゃんが大きくなるのも、
女性ホルモンが分泌されるのも止めることは出来ませんから、
ここは腸内環境を改善することで便秘に対処していきましょう!

例えば食物繊維が多い食物を食べたり、
水分をしっかりと取って、体内に老廃物が溜まらないようにするのは大切です。

また適切な運動をするのもいいことです。
ゆったりとした動きの有酸素運動は、
体を温めて代謝を促し、さらに腸内の動きも活発にしてくれます。

加えてお勧めしたいのは、乳酸菌の働きです。
便秘の時にヨーグルトなどがおすすめ!っていうのは、広く知られていますが…
なぜ便秘に乳酸菌が効くのでしょうか?

便秘に乳酸菌が効くのはなぜ?

腸内に善玉菌が増えると、体内に毒素が広がるのを抑えるだけでなく
腸の運動する力を高めて、便がきちんと体外に押し出されるようにします。

乳酸菌に含まれる善玉菌は、腸内環境改善にぴったり。
特に今はプロバイオティクスと呼ばれる、
いわゆる「生きて腸に届く乳酸菌」を用いた商品がたくさんあります。

プロバイオティクスは腸内の悪玉菌の働きを抑えるため、
便秘の改善だけでなく、肌荒れを抑える効果も期待できます。

プロバイオティクスを有効に働かせるために、
プレバイオティクス…つまり善玉菌のエサになるものも
一緒に摂りいれるともっと効果的♪

これをシンバイオティクスと言いますが、
例えばヨーグルトとグラノーラを合わせて食べたり、
ヨーグルトにバナナを入れて食べたりすることで実践することができます。

またシンバイオティクスを取り入れたサプリメントも効果的。
同時に妊娠の際に不足しがちな栄養素を一緒に摂取できると嬉しいですね。

便秘は一度なるとなかなか改善しにくいもの…
出産後のぽっこりお腹にも悩まされないよう、
妊娠中からお通じをよくする生活を心がけていきたいですね♪

-出産・妊娠

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.