ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

妊活

妊活にヨーグルトは正しい?間違い?そう言われる理由とは?

更新日:

不妊の原因になると言われているものが、
一方では体に良いので摂りいれるようにと言われることがあります。

今回は意見が分かれやすい、ヨーグルトについて考えてみます。

妊活中にヨーグルトを食べてもいいのでしょうか?
避けたほうがいいのでしょうか?

いったいなぜ意見が分かれているのか…理由を取り上げてみたいと思います!

Sponcerd Link

乳製品が不妊の原因!?ヨーグルトを避けるべきと言われる理由とは

妊活中に乳製品は避けたほうがよいと言われる理由は、牛乳に含まれる女性ホルモンのため。

現在の酪農の現状では、スーパーなどで販売されている牛乳のほとんどは妊娠中の牛からとられていると言われています。

⇒参考資料:乳牛のライフサイクル-雪印メグミルク

市販されている牛乳のほとんどが、ということは牛乳から作られるヨーグルトなどの乳製品も
妊娠中の牛から取られているということに。

そして妊娠中の牛から取れる牛乳には、
人間の女性ホルモンと同じエストロゲンとプロゲステロンが豊富に含まれています。

エストロゲンとプロゲステロンを大量に摂取すると、脳が妊娠中だと勘違いてしまう場合があります。
仕組みとしては、低用量ピルと同じ原理ですね。

⇒参考資料:低用量ピルとは?-ライフクリニック銀座

それで乳製品をたくさん摂取していると、
ピルを飲んでいるかのように妊娠出来なくなってしまうと言われているんです。

原因不明の不妊症の場合、
乳製品を一時的に止めてみるように医者から勧められる女性もいるのだとか。

それがヨーグルトも妊活中は避けたほうが良いと言われるゆえんですね。

妊活中もヨーグルトを食べたほうが良いと言われる理由とは

反対に妊活中にヨーグルトを食べると良いと言われる場合があります。

ヨーグルトをはじめとした乳製品には、たくさんのカルシウムが含まれています。

実はカルシウムは、子宮の中で精子が卵子を探して受精する際に必要不可欠な働きをしています。

それで女性がカルシウムをしっかりと摂取することが、子宮の中で精子の運動率を高めるのに関係しているのではと考えられているんです。

⇒参考資料:精子走化性運動におけるカルシウムの役割-東京大学大学院

またヨーグルトには良質のたんぱく質が豊富に含まれていますが、
卵子や精子の生成にもたんぱく質は欠かせません。

そして、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境の正常化もサポートしてくれます。
妊婦さんにとっても腸内環境を良くすることは非常に重要。
便秘になりがちな妊娠初期の妊婦さんにとって便秘解消の強い味方です。

そんな理由で、ヨーグルトを食べたほうが良いと言われるようです。

ヨーグルトのデメリットを無くしてメリットだけを享受する方法

ここまでの話をまとめると、

ヨーグルトが不妊の原因になると言われる要因⇒ヨーグルトの元である牛乳

ヨーグルトが妊娠をサポートしてくれる理由⇒ヨーグルトに含まれるカルシウムや乳酸菌、良質なたんぱく質

ということになります。

つまり、ヨーグルト以外のものからカルシウムや乳酸菌などを摂取することで、ヨーグルトのよい部分のみの恩恵を受けられるのです。

ヨーグルトを控えてサプリメントで必要な栄養素摂取しよう

ヨーグルトを食べずに乳酸菌やカルシウムを摂取するにはサプリメントという方法があります。

サプリメントなら不妊の原因になる可能性のある牛乳も含まれていませんので、
妊活に必要な栄養だけを手軽に摂る事ができます。

妊活に必要な栄養素は多岐に渡るので、それぞれ個別にサプリメントを摂取してもいいのですが、毎日たくさんのサプリを飲むのは非常に大変。

そこで、おすすめなのが妊活~妊娠中に必要な栄養素がオールインワンで摂れるサプリメント
1つのサプリから葉酸をはじめ妊婦さんが1日に必要な栄養素が全て摂れるので安心ですよ。

-妊活

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.