ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠 出産準備

マタニティヨガってどんなメリットがあるの?どんな時にするの?

更新日:

妊娠中でも行える運動には限りがあります。

あまりハードな運動は出来ませんし、
ボールなどを使った運動や転ぶ可能性の高い運動は危険度が高いからです。

しかし、妊娠中でも安心して行えるとある運動に人気が集まっています。
それがマタニティヨガです!

マタニティヨガとはなんでしょうか?
どんなメリットがあるのでしょう?
どんな時に行うのが効果的なのでしょうか?

妊娠中でも運動不足を解消したいと思っているあなた、
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

Sponcerd Link

マタニティヨガって何のためにするの?いつからするのが効果的?

マタニティヨガとは、ヨガの基本的な動きや精神をもとに
妊娠中でも体に負担をかけずに行えるようメニューを変えたものです。

妊娠中は体のあちこちに負担がかかり、
足腰の痛みや精神的なストレスを感じがち。
さらに運動不足にもなりがちです。
しかしそれはお母さんにとっても、
赤ちゃんにとってもあまり良い状態ではありません。

マタニティヨガはそれらを解消し、
心と体の調子を整えるのによい効果をもたらします。

マタニティと名前はついていますが、
妊娠初期やつわりの酷い時期などは行わないほうが無難です。
流産のリスクが上がったり、気分が悪くなってしまう可能性があるからです。

マタニティヨガを行う場合は、安定期に入ってからにしましょうね。

ホットヨガとマタニティヨガの違いは?

ヨガの中にはマタニティヨガも含め、様々な種類があります。

ホットヨガもその中のひとつ。
ホットヨガはその名の通り、室温も湿度も少し高い状態に保ち
その中でポーズや呼吸法を行うヨガです。

体が一番柔らかくなると言われる温度の中で行うため、
ヨガの中でも効果が高いと言われていますが、
妊娠中は余分な体力を使ってしまうためあまり向いているとは言えません。

お腹に負担をかけるポーズや体をひねるポーズもありますから、
お腹の赤ちゃんのことを考えて、妊娠中はホットヨガよりも
マタニティヨガを行った方が安心ですね。

ホットヨガで妊娠力は上がる?

妊娠中にはあまりおすすめできないホットヨガですが、
妊活中であればどうなのでしょうか?

実はこの疑問には、今のところ賛否両論あるようです。

ホットヨガは高い室温の中行うヨガですから、
冷えには抜群の効果があります。
冷えは不妊の大きな原因のひとつと言われていますから、
妊娠しにくさが冷えから来ている場合、
その問題の解消に一役買ってくれるかもしれません。

しかしその高温が、卵子の状態にあまり良くないのではないかとも言われています。
体が自然なサイクルで高温期に入るタイミングをずらしてしまうため、
行うのであればホットヨガでは無く普通のヨガの方がよいという意見もあります。

通うヨガスタジオによっても方針は少しずつ異なるでしょうから
一概にどちらが良いともいえないのが難しいところ。
しかしストレス解消、また運動不足解消にいずれかのヨガが役に立つことは間違いなしです。

自分の現在の体調や抱えている問題に合わせて
ぴったりのヨガを選んでいくのが一番いい方法かもしれませんね♪

-出産・妊娠, 出産準備

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.