ママを楽しみながら日々成長。

しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。

出産・妊娠 出産準備

プレママさんの頭痛事情…バファリンルナって飲んでも良い?

更新日:

妊娠初期から出産に至るまで、
プレママさんたちは色々な痛みに耐えなくてはいけません。

頭痛や腹痛、腰痛などなど、妊娠・出産に伴う痛みは様々。
お母さんっていうのは本当に大変なものです…

本当なら、そんな時にお世話になりたいのが痛み止めですよね。

でも痛み止めって妊娠前は普通に飲んでても、
お腹に赤ちゃんがいると、今まで通り飲んでもいいか心配になってしまいませんか?

実はプレママさんが飲んでも大丈夫な頭痛薬と、ちょっと心配な頭痛薬があるんです。

今回は女性に人気のバファリンルナについて考えてみました。

バファリンルナってプレママさんが飲んでも大丈夫なのでしょうか?
バファリンルナとバファリンの違いってなんでしょうか?
バファリンルナ以外の痛み止めはどうなんでしょう?

Sponcerd Link

バファリンルナの特徴ってなに?

バファリンルナは、PMSや生理痛の時に特に有効な痛み止め。
イブプロフェンやアセトアミノフェンといった有効成分が
各種用いられているので、頭痛などにも高い効果を発揮してくれます。

代わりに副作用が強めなのが特徴と言えるかもしれません。
胃の痛みや吐き気などを感じたら、
妊娠中・ベビ待ち中に限らずすぐに使用をやめた方が安心です。

バファリンルナって妊娠中も使ってもいいの?普通のバファリンは?

バファリンルナのサイトを確認してみると、
授乳中の使用は避けるように勧められています。

では妊娠中はバファリンルナを使用してもいいのでしょうか?

基本的に妊娠中は、アセトアミノフェンが有効成分の痛み止めは
使用しても大丈夫だと言われています。

それでバファリンルナは、
妊娠中でも比較的安心して用いられる痛み止めと言うことができます。
若干効果が弱めではありますが、やっぱり安心を取りたいところですよね。

ちなみにイブプロフェンも妊娠中の使用が可能ですが、
出産の3ヶ月前に入っている方は使用を控えた方が良いと言われています。

バファリンルナはイブプロフェンも有効成分に用いられていますので、
出産ギリギリになっての使用は少し注意が必要ですね。

妊娠中に使うと危険な痛み止めはなに?

逆に妊娠中に気をつけた方がいい痛み止めはなんでしょうか?

実は多くの痛み止めの主成分となっているアスピリンは、
妊娠中に使用すると染色体異常の可能性を高めてしまうと言われています。

バファリンルナの姉妹商品であるバファリンaは、
有効成分としてアスピリンを用いていますので気をつけましょう。
同じバファリンでも、有効成分が異なるので要チェックです。

さらに最近痛み止めとして人気のロキソニン。
こちらも高い効果で愛用している人はたくさんいますが、
やはり妊娠中の使用は避けたほうが良いと考えられています。

今まで使用し慣れているお薬を使いたいところですが…
ここは赤ちゃんのためだと考えて、
痛み止めを選ぶ時は使用されている成分にも注意してみましょう♪

-出産・妊娠, 出産準備

Copyright© しずくママのわがまま生活|育児と仕事と時々旦那。 , 2019 All Rights Reserved.